こんにちは!

突然ですが、あいうべ体操をご存知ですか?

福岡の今井一彰先生が考案した、口呼吸を鼻呼吸に改善させるトレーニングです。

あまり知られていないかも知れませんが、口呼吸の改善は虫歯や歯周病、あらゆる病気の原因治療になります。

・口がいつも開いている

・イビキをかく

・何となく疲れやすい、だるい、ヤル気がでない

・手軽にいつでもどこでも出来る健康法が知りたい

当てはまる方は特におすすめです。

あいうべ体操のやり方

 次の4つの動作を順にくり返します。声は出しても出さなくてもかまいません。

①「あー」と口を大きく開く

②「いー」と口を大きく横に広げる

③「うー」と口を強く前に突き出す

④「ベー」と舌を突き出して下に伸ばす

①~④を1セットとし、1日30セットを目安に毎日続ける

この体操は、真剣に行うとかなり疲れます。慣れるまでは、2~3度に分けたほうが続けやすいでしょう。入浴時にやるのがおすすめです。

また、「あいうべ体操」は、しゃべるときより口をしっかり、大きく動かす必要がありますが、無理は禁物です。


とくに顎関節症の人やあごを開けると痛む場合は、回数をへらすか、「いー」「うー」のみをくり返してください。この「いー」「うー」体操は、関節に負担がかからないため、何回行ってもけっこうです。

「ベー」がうまくできない人は、大きめのあめ玉をなめて、舌を運動させましょう。舌運動と甘味の刺激で、脳も活性化します。

インフルエンザ予防の為に小学校や幼稚園で取り入れているところも増えているようです。

歯科の領域においても口呼吸が及ぼす問題は多くあります。

口呼吸の予防、改善をすることで健康なお口、ひいては全身の健康を手にしていきましょう。(・∀・)